スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー:リベンジ

Transformers: Revenge of the Fallen
☆☆☆★
2009年 アメリカ
原題:Transformers: Revenge of the Fallen


なんかずいぶん久しぶりな気がします。映画館で映画を観て来ました。
一週間前に観た「トランスフォーマー」の続編です。
完全な続編なので、あらすじについては省略ということで。
きちんと一作目を観てからこっちを観ましょう。

というわけで、いきなりネタバレ抜きの感想から行きますが、
前作でダメだった点のいくつかを改善しつつも、
また同時にそのいくつかをそのまま踏襲している、といった感じでしょうか。
もうちょい端的に書きますと
アクションの見せ方についてはだいぶ良くなっています。
見せ場についても割と心得ている感じ。
その一方で、無駄に尺が長いと感じることもしょっちゅうでした。
特に今回は二時間三十分という長丁場なんですけど、
かなり「要らない」と感じるシーンも多かったです。
正直110分くらいで十分収まったんじゃなかろうか。

というわけで、
とりあえず一作目を観て、良かった人
それなりに良かったと感じた人
何か惹かれるものがあった人なら、
観ておいて問題ないのではないでしょうか。
私の期待するものとは違ったものを内包してはいるようですが、
続編として押さえるべきポイントは押さえておりました。


以下ネタバレ込みで↓


・いくらかネタバレ無しのところに書いたことと被りますが、
相変わらず無駄に長いです。
「あと800mだ!」で延々と話が先に進まず
タラタラと逃げ回っているのにはさすがに苦笑しました。
お前は「あと三分でナメック星爆発!」で一ヶ月近く引っ張るTVアニメ版ドラゴンボールZかよ!
みたいな。
そんな突っ込みを、クライマックスだというのにする羽目になりました。
「やること(マトリックスでオプティマス復活)」がわかりきっている状態で
いつまでもそれにたどり着かずダラダラ引き伸ばし、というのは
出来の悪いTVドラマを観ているようで、いただけません。

・これも繰り返しになりますが、
アクションの見せ方については一作目よりずっと良くなってましたね。
冒頭のオプティマス降下のシーンなんかは劇場ならではという感じでしたし、
中盤でオプティマスがやられる前の1対多のバトルもだいぶ観ていて何をやってるかわかりやすかった。
バンブルビーの軽快な戦い方なんかも良かったね。

・そしてトランスフォーマーといえばお約束的な、合体ロボにも燃えました。
まあこっちのほうはいまいち、戦いそのものは盛り上がらなかったんですが…

・相変わらずミリオタサービス的なシーンが多く、それもタルかった。
だから前作でも何度も突っ込んだんですけど、
私は巨大ロボット同士のガチバトルが観たいんですってば。
メリケン軍人さんたちががんばるところとか、心底どうでも良いです。

・つーか、野暮なツッコミだろうけど、
天下のアメリカ軍様は、よその国の庭でドンパチやろうが全然OK、没問題ですかそうですか。

・ティーンエイジャーの男の子の成長物語的な要素を入れてるってのは
前作の「初めての車」とかからそうだったが、
やっぱ本筋以外の部分で尺が長いのでタルいよな…
「親子の絆」とかも正直不要だわ。

・まあギャグがつまらんかというと、必ずしもそんなこともないんだけどね。
バランス的に、そっちの分量がちょっと多いんじゃないの?ってことだ。

・全体を通して思うんだけど、キャラクターの掘り下げって、
もっとトランスフォーマー中心にやって欲しいんだよなぁ。
実際は、人間のほうばっか、いろいろドラマを作ろうとしてるみたいなんだけど。
せっかく新キャラもいろいろ出てきてるのに、
ほとんど上っ面の顔見せだけという感じなのが実にもったいない。

・爺好き的にはジェットファイアさん美味しかったんだが、
アレ、死んでしまったんだよな…orz

++++++++++++++

・以下思い出したら順次書き足し。

・細かい突っ込みだが、人間型デセプティコンに追いかけられて
よりによって「図書館に逃げ込む」ってどうなの?(^^;
あんたら本を何だと思ってるんですか。と、かなりオイオイと言いたくなった。
案の定、ぶっ飛ばされてるし…
ついでに「人間型」はやっぱり出しちゃマズイのでは…  

 

theme : トランスフォーマー
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。