スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEROES 1-18:Parasite

んー…
あんまり便利にヒュプノ使い過ぎると
ドラマとしての構造が怪しくなってくるというか、
「なんでもあり」になりすぎるというか、
画面に映ってることがぜんぜん信じられなくなるというか…
なので、節度のある使い方をしていただきたいものです。

以下ネタバレ↓
→クレア(めぐりめぐって)
唯一信じられるピーター・ペトレリに会うため
ハイチ人をまいてNYに行ったら、
実はペトレリママとハイチ人は知り合いであり
思わぬところでグランマと再会した、というはなし。
つーか考えてみたらピーターって叔父さんってことになるのか。
年齢的にだいぶ無理がある気がしないでもないが…(^^;
しかもどうも今回の感じだと、ペトレリママって
能力者関係の事情についても知ってるっぽいな。
これまでは知らないフリをしていた、と。
なんかペトレリママはどんどん後付け設定が増えてキャラが変わっている気がする(笑)


→ハイチ人(#%&㌦X@;*)
相変わらずクレアには優しい。
ペトレリママと普通に喋っている(旧知の仲っぽい)ところを見ると、
ハイチ人が喋れることをずっと知らなかったマヌケはクレアパパだけか?(笑)


→クレアパパ(リタイアか?)
クレアママの記憶その他については忘れたフリをさせておいて、
自分は頭の中を覗かれるのを防ぐために
ハイチ人にマインドワイプしてもらった、ということだったらしい。
あとでママからことの顛末を聞いて
Myクレアのために組織をツブす!という風に動く予定だったんだね。
しかし「なんでもあり」のヒュプノのおかげで
その目論みもつぶれてしまった。あーあ。
せっかくクレアパパが意外な動きをする駒になったのかと思って
少し楽しみになったのに。
こうしてどんどん「組織」が万能化していくと、
それに反比例して話はつまらなくなっていく。


→キャンディス(組織のねーちゃん)
で、禁断のヒュプノ能力者。
あんまり便利に使いすぎると、
最初にも書いたとおり話がアレになるので
(見ていて「どうせヒュプノなんだろ?」という風になる)
ほどほどにしていただきたい。


→マット(絶賛拉致監禁され中)
捕まったままだが、どうなるんだろうか。


→ニキ・サンダース(絶賛乗っ取られ中)
いまは自分の方がかつてのジェシカのように「裏」にいるので、
ジェシカの記憶と意識を共有しているかわりに、
表にいるジェシカのほうはニキの記憶と意識を持っていないようだ。
ジェシカのほうはリンダーマンのヒットマンとしてよろしくやっているが
ニキはそれを阻止しようと暗躍している。
しかしネイサン相手に「私の中にもう一人の私がいるの」と
さくっと説明してしまわないのはまだるっこしい。
まあ、信じてもらえないと思ってのことなのかも知れんが。


→モヒンダー・スレシュ(絶賛天井に貼り付けられ中)
おいおい、さらに被害拡大なのか?とうんざりしかけていたところで
実はサイラーの正体を見抜いており「おお、やるじゃねえか!」と
感嘆したところまではよかったんだが、
その後のツメをあやまるところがモヒンダークオリティだ。
モヒンダーといいクレアパパといい、
相手を一時的に無力化したところで警戒心が緩みすぎ。
まあ話の都合ってのが大きいんだが(笑)


→ピーター・ペトレリ(絶賛頭切り裂かれ中)
だから能力を使えよ、能力を!


→アイザック・メンデス(絶賛gdgd中)
どうにもメンタルが弱いのは
もともとヤク中だから仕方ないのか。
今回描いた絵って、かつてヒロが見た未来の殺された自分か?


→ネイサン・ペトレリ(実はいい人)
ネイサンとヒロの関係ってなんかやっぱり良いな。
どうやらこれまでずっとリンダーマンを潰そうと狙っていたようで、
しかしそのことをリンダーマンに読まれていたので
ジェシカが送り込まれたということだった。
そして結局リンダーマンの取引を受けたようだが、
どうなるのか。


→Mr.リンダーマン(料理好き)
見た目は料理好きのじいちゃんなんだが、
まあここまで見聞きしたアレコレの限りでは
それなり以上に黒いんだろうな(^^;
二人が話を始めると厨房の人たちがいつの間にか消えているという描写は
なかなか「それっぽくて」好きだ。
だいぶクライマックスが近いなと予感させてくれる。


→ヒロ(ヒーローズの、前回までのあらすじ。)
あらすじコーナーを乗っ取りやがった(笑)
アンドー君の意外な働きによりついに刀をゲットし
再び能力開花したようだが
(しかもアンドー君を連れて時空間を飛び越えたってことは
パワーもアップしているということだ)、
今度は未来に飛んでしまった。
失敗したのか?

theme : HEROES
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。