スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いの弟子


☆☆☆
2010年 アメリカ
原題:The Sorcerer's Apprentice


『ナショナル・トレジャー』シリーズの製作、主演、監督トリオ、ジェリー・ブラッカイマーとニコラス・ケイジ、ジョン・タートルトーブが再結集したファンタジー・アクション。現代のニューヨークを舞台に、800年にわたり繰り広げられてきた魔法大戦争に勝つため、伝説の魔法使いの後継者にされてしまった気弱な物理オタク青年の成長を描く。(あらすじ引用)

-------------------------

ニコラス・ケイジ主演ということと
題材的に興味があったので、借りて見ました。
後で知ったんですけど、主人公役の男って、奇しくも一つ前に見た映画
『ファンボーイズ』にも出てたのね。気付かなかった(笑)

かんそうとしては、
良くも悪くも大量消費型のスナック菓子というかんじでしょうか。
気楽に見れるし、CG全開の魔法バトルも楽しいといえば楽しいのですが、
それ以上のプラスαというものは期待しないほうが良い感じです。



以下ネタバレ込みで↓




・「I want normal life」とかいう主人公って
正直、今の時代に求められているのか?
(いや、時代はあんま関係ないかも知れんけど。)
どう考えても「normal life」なんて観客は(少なくとも観客の一人たる自分は)求めていないわけで、
そんなこっちからしたらまるっきり共感できないような動機で主人公に動かれても
困ってしまうというか、たいがいにしろと文句の一つも言いたくなるというか。

・しかもこのおはなしの場合は
「世界の危機」に加えて主人公は直接的に命を狙われているんですよね。
それなのにやるべき修業を放棄して
おにゃのこを追っかけることに執心する主人公とか、ちょっと…

・で、そのアホな行動のおかげで状況は漏れなく悪くなっている。
なのにほとんど反省しない。
なんかもういい加減「勝手に死ねよバーカ」としか思えなくなってくるというか…
そう感じるというのは、それだけ自分の心に余裕がないということなのかも知れませんが(^^;

・というかもういい加減この手の、めりけん的な
「MasterとApprenticeはタメ口の友達です」という人間関係模様が
受け容れられなくなっている。
師父というのは友達ではないし、タメ口なんてもってのほかではないかと。
そーいった東洋的な厳格な師弟関係というのが最近めっきり体に染み付いてしまったので、
こういうのは困ります。


・主人公がそんな感じにグダグダなので、
正直むしろ目的に向かって邁進している敵方のオッサンのほうがよっぽど痛快だわw
部下を使い捨てにする往年のショウブラ映画悪役風味なところもお約束で好きでしたw

・そのオッサンは、最後どうなったのかと思えば
どこかへ行方をくらましていましたENDですか…
まあ定番といえば定番だが。

・というわけで、
ニコラスケイジと敵役のオッサン(てかこの人、『スパイダーマン2』のドック・オクの人だったのね)は良かったが、主人公がクソだった。
…って、なんかこの手の映画って、たいていこういう感想になるパターンが多いな(笑)



・魔法の描写について

なんかこう、なんだろう。
某『LotR』以来の悪い慣習なんだろうけど、
魔法ってこういうものですか?という。
なんで実写で魔法使いvs魔法使いという戦いとなると
いつもこういう「見えない力でお互いにターン制ふっ飛ばし合い」みたいになっちゃうんですかね。
見ててぜんぜん面白くないし、
この映画の場合は加えてなぜか近接間合いでのクローズコンバットとか
おなじみのカーチェイスとかありましたけど、
そういうの、こっちは別に期待していないというか。
もっとこう知的に魔法を使っていろいろやりあって欲しいと思うんですよね…
うーん。

・まあ他には特に書くことないか。
しかしこの物語の基本フォーマットって『ベストキッド』の頃からずっと変わってないな。
つくづく、めりけんというのはこういう「ボーイ・ミーツ・パワー・アンド・ゲット・ガールフレンド」話が好きで仕方ないということなのかな。



theme : DVDで見た映画
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。