スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッター・アイランド


☆☆☆
2010年 アメリカ
原題:Shutter Island


「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精神病院を訪れた米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)に次々と不可解な出来事が起こる。
(面倒なのであらすじ引用)
----------------

所用で立川に出たので、ついでに手ごろなものをということで観てきました。
みんな知ってる迷字幕翻訳家・戸田奈津子が
超吹き替え版とかいうトンチキなものを作ったりもしているということで
別の意味で名前を聞いていたこの映画なのですが、
当然のごとく、本来の日本語字幕版もなっちの仕事となっております。
タイトルクレジットで堂々と「日本語字幕:戸田奈津子」とか出るというのは
やっぱり配給としては箔がつくと思ってのことなんだろうなぁ。
こっちとしては、その名前をスクリーン上で見かけるたびに
舌打ち、もしくは溜め息なわけですが。
もちろん今作でも「~なので?」「~など」等の
いつもどおりのなっち節が連発されておりました。

激しく閑話休題、
ともかくそんな感じのサスペンス・ミステリーといいますか。
なんか冒頭で日本語版独自っぽい映像が入ったり(音声日本語)、
「結末を人に話すな」とか
その手のお約束のクレジットが最初に出たりするんですが…
まあこれは、「過程を楽しむ」タイプの映画だろうから、
どんでん返しがどうのこうの、というものではないよなぁ。
そもそもネタバラシ行為というのは、映画の内容に関わらず
絶対にやってはいけないことだというのが私の認識でありますし。

というわけでネタバレ無しの範囲では内容に関して触れづらいのですが、
まあとりたてて悪くもなく、かといってすごく良いところがあるというわけでもなく。
休日の昼下がりをなんとなく映画館で過ごしたいという時には
それなりに良いものでありました。
主演のディカプリオのファンとかならもうちょっと余分に楽しめるのかも知れません。
ベン・キングスレーの禿爺っぷりは楽しめたので、
その点については私はある程度の満足感はありましたが(笑)


↓以下ネタバレ込み








一応、そういう映画なので、
鑑賞前にネタバレ内容に触れるのは
出来るだけ止めておいた方が良いみたいですよ。














ということで間を空けましたが、
以下鑑賞後のインプレッションを適当に箇条書き。

・夢オチというのは、やはり作劇上扱いが難しいよな、ということ。
特に映像作品では、画面に映っていることが
観客にとってどこからどこまで信用できるのか、というのが
だんだんわからなくなってきてしまうということだ。

・結局「大山鳴動してネズミ一匹」的な話ではあった。
まあ最初にも書いたけど、過程を楽しむということ。
鑑賞中にあれこれ考えて推理して、何が現実だか虚構だかわからなくなって
主人公と一緒にプロットに翻弄される…というのが主旨だろうから、
別にそれで良いといえばそうなんだけど。

・ラストとしては、正気を取り戻したんだけど、
愛する者を失って、手にかけてしまったという現実に
もう未練がなくなって、やる気をなくしたということだな。
まあこの手の不条理系ではいくつかある選択肢候補の中の順当な一つではあるんだが…
ただ、個人的な好みによる評価としては、
ラストには何らかの希望があったほうが、評価は高くなったと思う。

・誰でも人殺しになり得るとか、
戦争という嫌な状態での人殺しまくりでゲンナリとか、
そういったテーマ的な含みはわかりました。

・真相がわかってしまえば、ずいぶんとそのためだけに
回りくどく大掛かりなことをやっていたのだなぁという突っ込みは出てくる。
(まあ真実発覚、価値観逆転というギミックのために
仕方のないところではあるのかも知れんが…)

・つーか軽くimdb見てみたら、☆8なのな。
ずいぶん評価高いというか… 悪くはないとは思うけど、ちょっと過大評価気味じゃない?


 

theme : 最近見た映画
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。