スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクスト

Next
☆☆☆☆
2007年 アメリカ
原題:Next


ニコラス・ケイジ扮する予知能力を持つ男が最大の危機に立ち向かうSFサスペンス。人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編『ゴールデン・マン』を映画化。“2分先”の自分に関わる未来だけが見える主人公が核爆弾テロの阻止を託され、その凶行を食い止めるべく奔走する。
(あらすじは引用)
---------------


DVDで観ました。
鑑賞の動機としては、確か以前借りた別の映画か何かで予告編を観て、
面白そうだと思ったということ
そしてこの映画で主演のニコラス・ケイジは、
むかし私はショーン・コネリーの「ザ・ロック」が好きで、
アレでコネリーの相棒役をやっていた関係で
好感度が比較的高い俳優であったということ
その辺りであります。

で、感想ですが、
95分とコンパクトな尺できっちりとまとまっており、
「2分先の未来が見える」というガジェットを、期待通りにいっぱい見せてくれたので
とても楽しかったです。
こういう特殊能力モノで、能力をこちらの期待通りにきっちり見せてくれるというのは、
なかなかちゃんとやってくれない作品も少なくないものです。
この点がクリアされていたので、良かった。

さくっと気軽にアクションものを楽しみたい時にはちょうど良いのではないかと。
以下いちおうネタバレ込みで↓



・「2分先が見える」といっても、なんか限定能力というほどでもなく、
かなり万能に近い気がw
未来が見えるというか、
ありていにいうと
「ゲームブックで常に先の選択肢ページの内容を見ながら進める」状態(笑)
で、ゲームオーバーになったら
選択肢をずっとさかのぼってやりなおせる、みたいな。
はい、かなり反則に近いです(笑)

・でもそのぶん、カタルシスという面できっちり見せてくれたのでOKだ。

・なぜかあのリズというおにゃのこが絡むと
二分という枠を超えて先に行けちゃうんだけど、
特にそのことについても理由は説明されませんでした(笑)
でもたぶん「運命の人だから」というファジーな理解で良いんだろう(笑)

・やっぱニコラス・ケイジはこういう文系ヒーローが合ってるよな。

・作劇上、普通なら絶対やったらいけない禁断の夢オチを使ってきたのには吹いたがw
でもまあ、ここまでギリギリまで進めてちゃんと見せてくれたので、
これはこれで「あり」だな。

・芸が細かいさかさまスタッフロールも笑いました。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。