スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒2-2

第2話 特命係復活


・浅倉、本当に逃亡してしまったらしい。
いくらなんでも死刑囚がそう簡単に脱走できちゃうというのは無理があるが…(^^;
CSMばりの万能さだw
(*CSM:Cigarette Smoking Man。アメリカのTVドラマ「X-Files」にシリーズを通して登場する悪の黒幕で、
主人公たちが掴むあらゆる情報を掌握し、どこにでも出現してどんな証拠も根こそぎ奪って、
強引に謎を謎のまま残してシリーズを継続させる、厨二病臭全開のキャラクター。
ちなみに劇中ではケネディ大統領もコイツが殺したことになっているw)

・結局、真犯人を追い詰めるのが
トラウマ刺激による心理攻撃のみだったというのは、なんとも決め手に欠ける感じだったな…

・つーかそもそも、夜中に勝手に敷地に侵入されてる時点で
とっとと警察を呼べばよかったと思うんだが…>小暮ひとみさん
動揺してたってことで説明つけたいんだろうけど、ちょっと無理がある。

・しかも結局、小暮教授の遺体が見つかったからといって
それで話が済んでしまうというのは…(^^;
「パパじゃなかったから」というヤンデレな動機も
観てる側からするとバレバレなんだが、
それを相手に聞かないとわからない右京さんというのも、う~む…(^^;

・結局小野田さんの鶴の一声で特命係復活、めでたしめでたし、というわけだ。
まあ、周りを納得させるということでも
今回のような一件が必要な通過儀礼だったってのもあるんだろうね、これは。

・しかしまた、しれっと小暮ひとみと会食してる小野田さんにはワロタ。

・右京さんは相変わらずプルプル…
これわざとやってるんだよね?(^^;
クライマックスなのに観てて生暖かい笑みが浮かんでしまうというのは困ったものだ。

・シーズン2第1話の頃からそうだったけど、最近の亀山薫は
明らかに右京さんの影響を受けてるような感じで
容疑者に対して回りくどい慇懃無礼な言い回しで迫ることがあるよなw
こういうところもシリーズを重ねての変化が伝わってきて楽しい。

theme : 相棒
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。