スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒1-11

第11話 右京撃たれる〜特命係15年目の真実


・15年前の恨み晴らさでおくべきか事件。

・決意してやった割には土壇場で引き金を引けないというのは
ちょっとご都合主義的な感じもないでもないが…
まあ自分の罪を認めた上で黒くなった小野田さんの覚悟を見て
殺せなかったということか。

・15年前から激昂してプルプルだったんだなw>右京さん

・シーズン1の最後の山ということで
今回、まるまる一話使ってプロローグをやったというのが大したスケール感だ。
そして「特命係」の由来までわかるという、
まさにシリーズもののドラマならではの盛りだくさんな内容であった。

・堂々と開き直る小野田さんと、ソレに対して怒る亀山薫という構図も
二人とも、そのキャラクターとして、実に自然な言動・行動なので
見ていて楽しいんだな。

・そして小野田さん×杉下、というからみがすごいなw
なんだかんだでこんなハードないきさつがあったにも関わらず
その後も一緒にご飯食べに行ったりしてあげる右京さんもたいがいだと思うがw
こらえ切れずにワガママ言って強引に手元に連れてくるという小野田さんもすごいw
亀山君を含めて、完全に三角関係が勃発してる世界じゃねーかこれw

・それにしても相変わらず、部屋の外やら、窓の外やらから
特命係の中を覗き込む生活課の皆さんはほんとうに暇そうで微笑ましいですね(笑)
劇中では単なる背景以外の意味はないんだけど、
この人たちを見るとなんか和むのは、私だけではないと思います(笑)

 

theme : 相棒
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。