スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒1-10

第10話 最後の灯かり



・どっかで見たような??
飲み物わざとこぼしてガチャン、すいません→感電…という流れ。
まあ使い古されたプロットってことでもあるんだろうけど…

・ミエミエな流れを、
犯人にやられた後の場面から回想形式で、みたいな
変化球で無理矢理当てはめてみました、的な。
事件本体のほうがミエミエなので
右京さんおんぶとか、角田課長の兄弟とか、そういう
連続ドラマとしての外堀的な部分で飾り立ててみました、みたいな。
ひねくれた見方だが、そんな感じだった(^^;

・つまり、これがそういう「キャラクターの積み立て」という無理の利く連続ドラマじゃなければ、
かなりお粗末な脚本だったということだ。
(まあそれを言ったら、正直、毎回そこまでレベルの差はないんだが…)

・犯人がミエミエなのに
スクリプターのおばちゃんを尋問してるっぽい場面を入れてミスリードっぽくしてみたりとか、
その辺も「往生際が悪い」よな~(^^;

・犯人役の爺ちゃん、なんか雰囲気がほんわか和む人で良かったな~。
まあ事件の真相は、案の定「やらなきゃよかったのに」で終わったんだが(^^;

theme : 相棒
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Manbo

Author:Manbo
exciteブログの使いづらさにうんざりしてきたので引っ越しました。述べられている感想はあくまで私まんぼの極私的・個人的な感性に基づくものであり、作品の絶対的な評価というわけではありません…ということを一応断っておきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。